Banner
センターについて

ライフサイエンス統合データベースセンター(Database Center for Life Science: DBCLS)は、ライフサイエンス分野におけるデータベース統合化の拠点を形成することを目的として、平成19年4月に大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構内に設立されました。

ライフサイエンスは生命及び生命現象全般を扱う科学として、基礎的な生物学から医学や薬学、農学、生物工学、生物情報学(バイオインフォマティクス)など、数多くの分野が相互にゆるやかに結びつきながら発展してきました。1990年代後半からは、急速に進展したゲノムプロジェクトやポストゲノムプロジェクトにより、大量の情報が産み出されるようになりました。それらライフサイエンスに関わる全ての情報-遺伝子やタンパク質の配列情報や機能情報、疾患にかかわる発現データや多型情報、画像データ、文献情報など-は、それぞれ多種多様なデータベースに蓄積されていて、ライフサイエンス分野の知識全体があたかもデータベースの形をしているといっても過言ではありません。このため、データベースをうまく使いこなすことが研究の進展にもつながります。

しかし、実際の利用者からは「必要なデータベースが見つからない」「使い方がよくわからない」「組み合わせてより高度な解析を行いたいができない」など不便を訴える意見も多く、データベースを効率よく利用するための環境整備は充分ではありません。また研究期間が終了したデータベースはメンテナンスされなくなり、事実上消滅してしまうといった問題や、大型プロジェクトの成果をもっと広く利用できるようにするべきであるといった課題もあります。実際には、データや成果情報の権利関係の整理、臨床研究の公開にともなう個人情報などの取り扱い、さらにはその背景となっている制度上の問題も解決しなければ大型プロジェクトの成果は公開に至りません。

そこで当センターは、ライフサイエンス分野のデータベースに関するサービスの専門機関として自らを位置づけ、国内のデータベースを中心に、データベースの統合化と保全に努め、利用者の利便性を高めるための情報技術の研究開発やサービスの開発を行います。また、データベースだけではなくライフサイエンスを取り巻く制度など、周辺的な問題の解決も含めた多面的な活動を行います。この一環として、ライフサイエンス統合データベースセンターは、平成18年度~22年度にわたり文部科学省委託研究開発事業「統合データベースプロジェクト」の中核機関として事業を推進いたしました。また、平成23年度からはJSTライフサイエンスデータベース統合推進事業「基盤技術開発プログラム」(平成25年度まで)を受託いたしました。これら事業の遂行とともに、ライフサイエンス分野のデータベース統合化の実現に向けて研究開発を推進してまいります。