「Open TG-GATEs」(トキシコゲノミクスプロジェクト)を「生命科学系データベースアーカイブ」に追加しました

「Open TG-GATEs」は、131の化合物をラット個体およびラット・ヒト肝細胞へ曝露した際の遺伝子発現と毒性のデータベースです。このデータベースは、独立行政法人医薬基盤研究所、国立医薬品食品衛生研究所および製薬企業(15社)が参画したトキシコゲノミクスプロジェクトにより作成されました。