FANTOM5 に関する論文が発表されました

理化学研究所のFANTOM5プロジェクトに関する論文「Gateways to the FANTOM5 promoter level mammalian expression atlas」が Genome Biology誌から公開されました。論文はオープンアクセスで、下記URLからご覧いただけます。
http://genomebiology.com/2015/16/1/22
Genome Biology 2015, 16:22 doi:10.1186/s13059-014-0560-6
 
DBCLSからは、坊農 秀雅 特任准教授、片山 俊明 特任助教、小野 浩雅 特任助教、藤枝 香 特任技術専門員(当時) が参加し、FANTOM5データのRDF化およびBodyParts3Dとの連携に関する部分を中心に貢献しています。どうぞご覧ください。
 
また、FANTOM5のCAGEデータは、DBCLSが提供する遺伝子発現リファレンスデータセット「RefEx」上で、広範囲(ヒト:556サンプル、マウス:286サンプル) かつ高精度な発現データとして閲覧することができますので、こちらもあわせてご活用ください。