がんになりにくい長寿ハダカデバネズミから初めてiPS細胞作製に成功した論文が Nature Communications誌に掲載されました

当センターの坊農 秀雅 特任准教授も参加する研究グループによる論文 “Tumour resistance in induced pluripotent stem cells derived from naked mole-rats” がNature Communications誌に掲載されました。
論文はオープンアクセスで、下記URLからご覧いただけます。
http://doi.org/10.1038/ncomms11471
 
Shingo Miyawaki, Yoshimi Kawamura, Yuki Oiwa, Atsushi Shimizu, Tsuyoshi Hachiya, Hidemasa Bono, Ikuko Koya, Yohei Okada, Tokuhiro Kimura, Yoshihiro Tsuchiya, Sadafumi Suzuki, Nobuyuki Onishi, Naoko Kuzumaki, Yumi Matsuzaki, Minoru Narita, Eiji Ikeda, Kazuo Okanoya, Ken-ichiro Seino, Hideyuki Saya, Hideyuki Okano & Kyoko Miura
“Tumour resistance in induced pluripotent stem cells derived from naked mole-rats”
Nature Communications 2016; 7:11471.
doi: 10.1038/ncomms11471.
 
約30年の長寿命でがんになりにくい体質の「ハダカデバネズミ(Heterocephalus glaber, Naked Mole-Rat)」からiPS細胞を作製することに世界で初めて成功した論文で、非モデル生物におけるトランスクリプトーム配列解読(RNA-seq)解析で貢献しています。詳細は、JSTによる日本語プレスリリースを御覧ください。