2017年度「NGSハンズオン講習会」の参加申し込みが開始されました。

例年、統合TVに収載されている「NGSハンズオン講習会」の2017年度の開催について、現在、科学技術振興機構バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)のウェブサイトから参加申し込みの受付が開始されています。
本講習会は2014年度から開催しており、Linux 上で次世代シーケンサー(NGS)データを自在に解析するための実習を行います。今年度は、ゲノムアセンブリ後の各種解析手法について日本乳酸菌学会誌のNGS連載「次世代シーケンサーデータの解析手法」第7回の一部及び第8回を中心とした講義と、メタゲノム解析、Hi-C解析についての講義を実施します。受講者には、講師指定の事前予習を行っていただきます。
なお、NGSの概論的な講義(リード、ペアエンドなどの基本的な用語やNGS原理の説明など)は省略します。過去の年度の講義資料や参考図書など参照の上、基礎知識を取得しておくことをお勧めします。
【参加申し込み期間】  2017年5月15日(月) ~ 6月23日(金) まで
場所と日時は以下の通りです。
【会場】 東京大学農学部2号館2階第1講義室
【日時】 2017年8月28日(月) ~ 9月1日(金) 10:30-18:15(予定)
【受講定員】 50名程度

【申し込み】NBDCポータル/人材支援ページ: https://biosciencedbc.jp/human/human-resources/workshop/h29