TogoDB

TogoDBとは

表形式のデータをCSV/TSV形式でインポートすることで、レコード表示、リスト表示、検索機能をもったウェブデータベースの公開・管理を誰でも手軽に行えるシステムです。ライフサイエンス統合データベースセンターの提供するOpenID (http://openid.dbcls.jp)を取得すれば、いますぐに利用できます。

( http://togodb.org )

サンプル1 サンプル2

TogoDBの特徴

  • ウェブデータベースの構築が手軽に
    • クリック中心の簡単な操作でウェブデータベースを構築できます。
    • レコードの編集や追加も可能で、ヘッダーやフッターの編集により好みのウェブデータベースを構築できます。
  • データベースの公開まで1分
    • 構築したデータベースはすぐにウェブ上で公開できます。
    • 情報技術が得意でなくても、すぐに使えるウェブデータベースを構築できます。
  • データの効率的な閲覧
    • レコードごとの表示機能、リスト表示機能、リストのナビゲーション機能といった基本的な閲覧機能を備えています。
    • また、カーソルキーのみで大量の検索結果を効率的に閲覧できる先進的なインターフェイスも備えています。
  • 強力な検索機能
    • 検索には正規表現も利用できます。
  • 高度なカスタマイズ機能
    • 見た目や機能をHTML/CSS/JSの追加で自由に変更、任意のウェブサイトにも埋め込めます。
  • セマンティック・ウェブ対応
    • OWLによるメタデータの管理、RDFへの変換、SPARQLによる問い合わせ機能を備えています。

利用例

  • 研究室単位の小規模データベース構築や共同研究機関でのデータ共有に。
  • 論文のサプリメントデータ置き場に。

今後の開発予定

  • セマンティック・ウェブに対応し、OWLによりメタデータを管理する機能、RDFへの変換機能、SPARQLによる問い合わせ機能などを拡充していきます。

参考文献