OReFiL

OReFiLとは

オンライン上に公開されている生命科学系のデータベースやソフトウェアなど(オンライン資源)のうち、学術雑誌に引用のあるものを検索します。

( http://orefil.dbcls.jp/ )

サンプル1 サンプル2

OReFiLの特徴

  • 日々発表される学術雑誌の情報が反映されているので、検索語に関連の深い最新のオンライン資源をみつけられます。
  • 通常の検索語だけでなく、MeSHターム(PubMedの文献に付与されたキーワード)や著者名でも検索できます。
  • 検索結果として得られたオンライン資源のPubMedエントリや、その資源へリンクをもつウェブページ、URL を引用している論文に容易にたどりつくことができるので、オンライン資源の信頼性を簡単に確認できます。
  • それぞれのオンライン資源のウェブサイトの有無を簡単に確認できます。
  • REST/SOAP インターフェースを備えているので、自分で作成したプログラムでOReFiL機能を呼び出すことができます。

利用例

  • 生命科学分野の研究者が、興味のある領域のオンライン資源の最新情報を、その学術論文情報とともに検索する。
  • 新規に生命科学分野にたずさわることになった研究者が、関連領域にあるオンライン資源を、その学術論文情報とともに検索する。
  • あるオンライン資源の利用者が、その資源についてコメントや評価を行う。

今後の開発予定

  • 利用者のフィードバックなどを参考にしながら機能拡張、新規機能の追加を検討します。

参考文献

  • Yamamoto, Y., & Takagi, T. (2007). OReFiL: an online resource finder for life sciences. BMC Bioinformatics, Vol. 8, 287.
  • 統合TV「OReFiLを使い倒す 2010」DOI: 10.7875/togotv.2010.022